• この記事をはてなブックマークに追加

京都府

京都府では 田舎ぐらしを希望される方のニーズにきめ細かく対応し、相談対応から現地案内、地域定着まで伴走支援を行う総合案内人「京都移住コンシェルジュ」を配置し、移住の促進のために必要な空家の改修を支援するとともに、「京都モデルファーム運動」など耕作放棄地の再生・活用に取り組んでおります。
平成28年4月1日には「京都府移住の促進のための空家及び耕作放棄地等活用条例(移住促進条例)」を制定して、移住者に対する支援制度を充実しました。
詳細については、京田舎暮らし情報バンク をご覧ください。また、地域の移住情報については、京都府山城広域振興局(農林商工部地域づくり推進室)又は各町村のHPをご覧ください。

京都移住コンシェルジュとは?  

京都にUターンしたい。自然ゆたかなところで暮らしたい。そういった方々の想いをカタチにするため、伴走し応援するのが京都移住コンシェルジュの役割です。首都圏や関西での移住に関するセミナーやイベントも実施しておりますし、田舎暮らしの体験や、空家を巡るツアーの開催や個別相談など、移住に関わる様々な活動を行っています。自給自足を目指される方もいらっしゃれば、半農半Xや農家民宿開業などの暮らしを検討される方、都会と同じようにサラリーマンをしながら自然豊かなところで子育てされたい方まで。いろんな暮らし方ができるのが京都の魅力です。今まで知らなかった京都での暮らしの可能性を探ってみたい方は、是非窓口にお越しください。

※こちらの相談窓口は、京都府の移住促進事業による補助を受けて運営しています。無料でご相談いただけますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

※遠隔地にお住いの方向けに、電話相談も実施しています。お気軽にお問い合わせください。

京都移住コンシェルジュ

京都移住計画